広陵町 地名の由来 | 大和高田市周辺の不動産をお探しなら葛城ホーム株式会社にお任せ下さい。

葛城ホーム株式会社

0745-55-1021

営業時間9:30~19:00定休日水曜日

日記
広陵町 地名の由来

広陵(こうりょう)

「広」は、広陵町及び河合町一帯がかつて「広瀬郡」だったため、「陵」は、馬見丘陵地帯であることに由来しています。「広陵」の地名は、馬見町・瀬南村・百済村の組合立の中学校の名称「広陵中学校」として初めて登場しました。その後、昭和30年4月15日に上記3町村が合併して誕生した時に「広陵町」となり、自治体名になりました。

広陵町各地域の地名の由来

広陵東小学校区(別ウインドウで開く)

広陵西小学校区(真美ケ丘地域)(別ウインドウで開く)

広陵北小学校区(別ウインドウで開く)

こちらで紹介する地名は「広陵町史」(昭和40年刊,著者:広陵町史編集委員会)から参照し編集しています。

もし、ほかの由来、いわれを聞いたことがあるという方がいらっしゃいましたら下記へご連絡ください。

・問合せ 広陵町企画政策課 TEL 0745-55-1001 FAX 0745-55-1009

 Eメール kikakuka@town.nara-koryo.lg.jp

投稿日:2022/02/23   投稿者:-